2014年9月 のアーカイブ | ネットビジネスを0から始める人の『つまづき』をなくすブログ

寛大効果 ネットビジネス心理学8 

寛大効果とは?

前回までの記事はこちら
ネットビジネス心理学7 スリーパー効果 http://gorori01.main.jp/gorori/325.html

寛大効果は望ましい特性はさらに良いものとし、
望ましくない特性や部分はそれほど悪くないと寛大な評価をすることを言います!
たとえばあなたが好きな人の欠点ならそれすらも魅力的に見えてしまうこともあるものです。

ツンツンしている女性が嫌いな男性も、好きになったかわいい子が無愛想でツンツンだったとき、
そのツンツンしている女性は男性にとって欠点ではなくなってしまうものです!

ではこの寛大効果をブログに活用する方法を考えてみましょう!

要するに「このブログいいな」と思ってもらえる何か大きな特徴があればいいということです。

好きになれる理由があれば、その他の多少の欠点はそれほど大きな欠点にはならないものなのです
人間でも、何か突出した成功をしている人は少しくらい性格が悪くても「それがあの人の個性」とされますよね!
たとえばアップルのスティーブ・ジョブスさんとか(笑)

普通の人が性格悪ければ「ただの嫌な奴」でしかありません!
ただブログ全体の平均値を上げることよりも、どこか突出した良い部分を用意することが
結果的にブログ全体の平均値を上げることに繋がるんです!

寛大効果を活用する!!
っといってもどうやって突出した部分をだせばいいかわかりませんよね!
もし特にないと思っているのなら
まずはpsや編集後記等であなたの好きなことを少しずつさらけだしてみてください!

ps
先週の日曜日に奥多摩でBBQをしてきました!
東京都ですが、めっちゃ田舎でしたよ!(笑)
僕の地元の宮崎並に!
けれど東京にも自然があってなんだか安心しました!

スリーパー効果 ネットビジネス心理学7 

スリーパー効果とは?

前回までの記事はこちら
ネットビジネス心理学6 両面提示 http://gorori01.main.jp/gorori/320.html

スリーパー効果は簡単に言うと『信憑性の低い人の説得効果が、時間が経つにつれて上がっていく』という効果です。
普通話し手が信頼の置ける人物かどうかという判断は話の内容の信憑性に大きく影響します。
しかし、時間が経つにつれてその人物の印象と話の内容の信憑性が別々のものとして記憶に残り
人物に対する印象だけが薄くなり、話しの内容の信憑性が上がるのです。

ではこのスリーパー効果をブログに活用する方法を考えてみましょう!

実は日々更新しているブログの継続がこの効果を生み出すことに寄与します。
初めは何となく読まれていたブログでも時間が経つにつれて
「そういえばあのブログでこんなこと言ってたなぁ」と、
参考にされるだけの信頼を得られるようになります。

また、一般的に情報商材のセールスレターが長いのは、
このスリーパー効果の力を意図せず利用している節があります。

ヘッダー画像やトップのキャッチコピーだけを読んだ状態では
訪問者は明らかに「胡散臭いな」と思うかもしれません。、
しかし、ついつい下の方まで延々と文章を読んでいるうちに
「もしかしたら本当にいいものなのかもしれない」と感じてくるようになります。

つまりネットビジネスに取り組む方にあたって日々のブログ更新は決して無駄ではありません。

ps
武蔵小金井にある「たてもの園」というところに行ってきました。
そこでは昔の遊びである、竹馬とコマがありました。
小学生のころ竹馬で遊んでいたんですが、
自転車に乗るのと一緒で普通の乗れました(笑)

それにしても最近の子は竹馬とかコマとかやり方知らないんだぁ
っとちょっぴりジェネレーションギャップを感じました。泣

pps
あさって六本木のリッツカールトンホテルに用事で
うかがいます!
初めて行くので場に飲まれないか心配です。
このことについてはまた後日ブログで報告します!
ワクワク

両面提示 ネットビジネス心理学6 

両面提示とは?

前回までの記事はこちら
ネットビジネス心理学5 シャワー効果 http://gorori01.main.jp/gorori/309.html

例えば不動産屋で「この物件は音がもれないので静かですが、その分湿気はこもりやすいです。」
と、悪い面と良い面を両方とも提示することを
両面提示と言います。

一方、良い面だけを提示することを片面提示と言い、
この両者の効果は相手によってその効果に違いがあるとされています。
相手による効果の違いの一つの基準に、
教育水準の高い人に対しては両面提示の方が効果的であり、
教育水準の低い人に対しては片面提示の方が効果的であるという傾向があるそうです。

ではネットではどちらかというと、
教育水準の高い人ほどパソコンに触れる機会が多い傾向にあるそうです。
っということはつまり、ネット上でものを売るためには
両面提示の方が適っているということです。

では両面提示をブログに活用する方法を考えてみましょう。
他のブログでよくみることがあるのは
どんな商品を紹介するにも「○○の機能があるのでこれはオススメですよ!」
とか、「こんなツールが無料でもらえるなんてありえません」など
よい面の一点張りでは「なんかあやしいぞ」と感じられてしまいます。
「発売されてから時間がたっていますが、説明がわかりやすいから私にとって無くてはならない存在です。」
なんて風に、利点と欠点を出した時に妥協できる程度の欠点なら逆に積極的に提示していくことが、
言葉の説得力を重くします!!

ps
この間電車に乗った時に隣の女の子の手に文字が書いてありました。
なんか気になって文字を読むと
「たまねぎ
 にんじん
 じゃがいも
 たかふみ殴る」
って書いてありました。(笑)
たかふみさん何したんだぁーっておもわずつっこみたくなりました。

シャワー効果 ネットビジネス心理学5 

シャワー効果とは?

前回までの記事はこちら
ネットビジネス心理学4 噴水効果 http://gorori01.main.jp/gorori/305.html

シャワー効果は噴水効果とは逆に、デパート等の最上階で催し物を開いて集客する結果
全体の集客力を高める効果を言います。
最上階にお客を集め、シャワーのように各階にお客さんを降り注ぐような
イメージをもっていただけるとわかりやすいかと思います。
 
ではこのシャワー効果をブログに活用するアイディアを考えてみましょう。
 
たとえで出したデパートの最上階のように、何か突出した特徴がなければなりません。
ですので、ブログでは「人気記事ランキング」を用意することで特定の記事に「人気記事」という突出し
た特徴を付加し、とりあえずそれだけでも 読んでみようかという気にさせる手が考えられます。
訪問者はとりあえずその記事だけ読んでみるつもりでいたのに、
ついそのまま他の記事もなんとなく読み出してしまう可能性が高まります。
と言っても僕もこの効果についてはまだ実験中なのもありまだまだですけどね^^

デパートが面白いイベントを企画すると「あそこは面白いことやるデパートだ」と思ってもらえるように、
ブログでも一部のよく目に付く記事が特別面白いものであれば、
このブログは「面白いブログだ」と思ってもらえる効果があります。

ps
この間、オクトーバーフェスというものに行ってきました。
ドイツビールを飲みながら、知らない多くの人とイベントで大騒ぎし、
たくさんハイタッチしました。
野外でお酒を飲むと解放的になりますね(笑)
そのせいで飲みすぎましたが・・・・

ネットビジネスを0から始める人の『つまづき』をなくすブログ TOP » 2014年9月 のアーカイブ